このページのナビゲーション トップページ   javascript   ジャバスクリプトの基礎知識

分岐処理を行います 30以上だと「まだ大丈夫です」と表示をします そうでなく30以下だと「もうすぐなくなります」と表示をさせます ここでは初期設定が90なので30以上なので「まだ大丈夫です」と表示されます

下の青い部分をコピーしてタグ内に記入すると上のように表示されます

<html> <head> <title>タイトル</title> </head> <body> <script type="text/javascript"> <!-- go=90; document.write("今"+go+"個です。"); if(go<30){ document.write("もうすぐなくなります"); } else{ document.write("まだ大丈夫です"); } //--> </script> </body> </html>

<body>〜</body>間

解説: 分岐処理に当たります。 if文を使って分岐をさせます ちなみにifを訳すと「もし」になりますので もし右だったらやもし左だったらの分岐をさせる事が出来る役目を持っています 判定には関係演算子を使います この例では、適当な名前の変数goを作り処理を行っていきます go=90;が30以上になるので「まだ大丈夫です」と返されます もしgo=20;とした時は30以下なので、「もうすぐなくなります」と返されます

javascriptの一覧

 

javascriptの説明

目指そう!物知り博士TOPへ

↑このページの先頭へ