このページのナビゲーション トップページ   javascript   ジャバスクリプトの基礎知識
結果例1では「昼です」と表示します 結果例2では「冬です」と表示をします
下の青い部分をコピーしてタグ内に記入するとこのように表示されます
<html> <head> <title>結果例1</title> </head> <body> <script type="text/javascript"> <!-- function take1(){ var a= []; a[0]="朝です"; a[1]="昼です"; a[2]="夜です"; alert(a[1]); } //--> </script> </body> </html>
<html> <head> <title>結果例2</title> </head> <body> <script type="text/javascript"> <!-- function take2(){ var a= ["春です","秋です","夏です","冬です"]; alert(a[3]); } //--> </script> </body> </html>
<body>〜</body>間
解説: 配列を使って処理をしています。 配列とは番号付けされた変数です。 1の例では 配列の添え字[]に入っている番号のものが表示されます 2の例では左から順番に0123となりますので 3の「冬です」となります

javascriptの説明

目指そう!物知り博士TOPへ

↑このページの先頭へ