このページのナビゲーション トップページ   javascript  

switchを使って分岐処理をします。 この例では「鍵2」と表示されます

下の青い部分をコピーしてタグ内に記入すると上のように表示されます

<html> <head> <title>タイトル</title> <script type="text/javascript"> <!-- kagi = 2; function take(){ switch (kagi) { case 1: alert("鍵1"); break; case 2: alert("鍵2"); break; default: alert("ニセ鍵"); break; } } //--> </script> </head> <body> <input type="button" value="サンプル" onClick="take()"> </body> </html>

<head>〜</head>間 <body>〜</body>間

解説: スイッチを使って分岐選択をしています else if文と使い方は同じです switchの場合には番号で管理されています そこでbreak文を使って抜け出します

javascriptの一覧

 

javascriptの説明

目指そう!物知り博士TOPへ

↑このページの先頭へ