このページのナビゲーション トップページ   javascript  

else if文を使って分岐をさせています。 この例では努力が足りませんと表示されます

下の青い部分をコピーしてタグ内に記入すると上のように表示されます

<html> <head> <title>タイトル</title> <script type="text/javascript"> <!-- function take(){ var ten = 29; if (ten >= 80){ alert("よく頑張りました"); }else if ((ten >= 60) && (ten < 70)) { alert("もう少し頑張りましょう"); } else { alert("努力が足りません"); } } //--> </script> </head> <body> <input type="button" value="サンプル" onClick="take()"> </body> </html>

<head>〜</head>間 <body>〜</body>間

解説: 「もしaだったら、そうでなくbだったら、いやそうでなくcだったら」 こんな条件を作りたい時に役に立ちます。 ifはもしだったらに対して elseはそうでなかったらその処理を返します その時はelseは省略できます 二択でしたらこれで十分ですね それで else ifでは、 もしそうではなくと何択にもなることになります

javascriptの一覧

 

javascriptの説明

目指そう!物知り博士TOPへ

↑このページの先頭へ