このページのナビゲーション トップページ   javascript  

下の青い部分をコピーしてタグ内に記入すると上のように表示されます

<html> <head> <title>タイトル</title> </head> <body> <script type="text/javascript"> <!-- moji=new Array(); moji[0]="大凶"; moji[1]="凶"; moji[2]="小吉"; moji[3]="中吉"; moji[4]="大吉"; function take() { roji = parseInt(Math.random() * 5); document.meza.kuji.value =moji[roji]; } //--> </script> <center> <form name="meza"> <INPUT size="20" type="text" name="kuji" style="text-align:center"></form> <INPUT onclick=take() type=button value=おみくじ></center> </body> </html>

<body>〜</body>間

解説: 大凶や 大吉のコメント部分を変える Math.randomはランダムにしたい時に使います Mathオブジェクトにrandomメソッドを使い その数をかけています 配列の5つあるものをかけてランダムに表示をさせています

javascriptの一覧

 

javascriptの説明

目指そう!物知り博士TOPへ

↑このページの先頭へ