このページのナビゲーション トップページ   ホームページのテンプレート 

テンプレートを使う

まずダウンロードをすると
jpnフォルダーがパソコンのどこか(指定した場所)にダウンロードされます
「パソコンのどこか」とあやふやな言い方ですが、パソコンに慣れていない人は
ダウンロード先を指定しない人が多いので
自然とダウンロード先に保存されてしまいます。
ダウンロード先をデスクトップ上にしておくと解りやすくなると思います。
そのダンロードしたjpnフォルダーのアイコンを右クリックして解凍(展開)して開くと


ダウンロード3


フォルダーの構成は次のようになっています


ナビ画像


トップページ右メニューバージョンとは
メニューが右にあるテキストファイルです


トップページ右メニューバージョン


トップページ左メニューバージョンとは
メニューが左にあるテキストファイルです


トップページ左メニューバージョン


このどちらかのタイプを使ってトップページとします
例えばメニューが左側で内容が右側の場合には
トップページメニュー左のテキストファイルを開きます


ナビ画像


テキストファイルを開きましたら
そこでファイルから名前を付けて保存するでindex.htmlと保存します
そうすることでindex.htmlファイルが上書きされます


ナビ画像


ナビ画像


書き換える箇所


タイトルや内容を自分のホームページのタイトルとして書き換えます


ナビ画像


書き換える部分はトップページとなるテキストファイルを開きます
開くと次のようになっています


ナビ画像


<meta name="keywords" content="キーワード">
<meta name="description" content="私のホームページのトップページになります">
<title>タイトル</title>
<h1 class="toph1"><a href="index.html">トップページ(大見出し h1部分)</a></h1>
<h2 class="toph2">トップページの見どころ(中見出し h2部分)<
<div class="boxin">
【内容】
ここはトップページとなりますので、
簡単な説明を入れておきます。
下はメニューページの入り口と
サイドには各ページへのリンクが貼ってあります
</div>


≪キーワード≫
まずはキーワード部分です複数入れる場合にはカンマ , で区切ります
このキーワードは昔こそ検索への効果がありましたが、今では効果は薄いです。
たくさんのキーワードを詰め込みすぎずに
そのページに適したキーワードを一つから三つぐらいを目安にしてみて下さい。
≪紹介≫
次は検索の内容になります
検索結果の下の紹介分になる文章です
短過ぎず長すぎずにまとめます。
≪タイトル≫
タイトル部分は重要です
本のタイトルと同じように手にするか、しないかは、タイルにかかっています
≪大見出し≫
このページの一番の見出しになります
画像を使っても良いのですが、このテンプレートではテキストにしています
≪中見出し≫
同じくこのページの二番目の見出しになります
≪内容≫
内容を部分になります。




これと同じように
nextpegeにある
1ページ=page1
2ページ=page2
3ページ=page3
メニューインデックス=index.html
のタイトルや内容を自分好みに変えてみて下さい
保存方法は同じく1ページと書いてあるテキストファイルがpage1に該当します。
各フォルダーにindex.htmlファイルを置くようにしています
メニューページはindex.htmlに該当します。


ナビ画像


サーバーにデーターをアップロードする方法





目指そう!物知り博士TOPへ



↑このページの先頭へ